2016年10月11日

大和家(13回目)@日野

631塩ラーメン(並)

【メニュー】 631塩ラーメン(並) 880円 + ほうれん草(クーポン)

【麺】 中太麺ストレート

【スープ】 豚骨塩

【具】 チャーシュー、味玉、うずらの卵、ほうれん草、ねぎ、のり

【前回訪問】 ラーメン(並) + もやキャベ + ライス

【住所】 東京都日野市日野本町2-20-7

【お店情報】 特殊製法によりうま味だけを抽出した、くさみのないトンコツスープがウリの店で、麺はスープによく絡むオリジナル麺を採用。大きな豚バラのチャーシューは絶品で、ジューシーな脂の甘味がクセになる。

【雑記】●大和家で初めて、具材全部入りの631ラーメンをオーダーしてみました。味はお気に入りの塩の方で、麺カタ・その他普通はいつもどおりです。
●券売機が新しくなっていましたし、いつのまにかまくりシステム(スープまで完飲するとスタンプ1つ押され、1年以内に10スタンプ集めれば1杯無料というやつ)もありましたね。刻み玉ねぎも卓上に用意されており、そのへんは系列店でサービスを統一させてきているのでしょうか。
●ビジュアルは、、、全部入りということで豪華です。もともと丼が大きめではなく、スープも少なめなので余計にそう見えます。個人的にはこのくらいのスープ量で十分ですが、足りないと感じる人も多いでしょう。
●スープは、やはりクリーミーで豚骨特有の甘味もあってまろやかな仕上がりです。想像どおりでおいしいです。
●麺は、、、少し変化したでしょうか。前みたいに粉っぽさがなく、やわらかめの食感。単に茹で時間の問題ですかね?
●チャーシューは分厚いのが3枚、肉がミシッと脂身がホワっとしています。チャーシューに関しては同じ系列店でも店舗によって質がだいぶ違う気がします。味玉はうっすら塩味。海苔は普通の倍の6枚。ほうれん草はクーポンで増しにしたので、ドッサリのっかっていました。ライスが土日も含めランチタイム(11〜15時)無料で食べ放題なので、具材が多かったということもあり、今回は1回おかわりしました。太りますね(笑)
●おいしかったです。いろいろ家系のラーメンを食べ歩くうちに思ったんですが、大和家の塩は本当にクリーミーさが突出してますね。他の店舗で塩を食べることは少ないのですが、ここまでクリーミーさはあるのでしょうか?
●家系ラーメン食べ歩き中です、、、ばりき家王子家まるに家いとし家濃力家壱七家はやぶさ壱角家つばさ家府中家大和家(八王子)武道家 口 〜くにがまえ〜魂心家麺家 八代大山家→大和家(日野)

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 日野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

弘前軒(19回目)@南平

チャーシューメン

【メニュー】 チャーシューメン 950円

【麺】 中太麺ストレート

【スープ】 煮干醤油

【具】 チャーシュー、メンマ、ねぎ、なると、のり

【前回訪問】 中華そば

【住所】 東京都日野市南平9-44-11

【お店情報】 店主がその味にほれ込み修行を積んだ「梅ヶ丘 大勝軒」の味をベースに独自の工夫を重ねた正統派の「中華そば」が看板メニュー。店主の友人が営む福島の醸造所に依頼した醤油ダレが、ダシの存在を生かしながら、柔らかなスープの味わいを生み出す。ダシを取る、シロフチ、カタクチなどの煮干しは、サンプルを味見して仕入れている。風味をまろやかにする青森県産のリンゴを使用するなど素材へのこだわりが光る。修行先譲りともいえる中華そばは、直径20cm以上の丼に、通常の2玉分の麺300gが入りボリューム満点。また、麺は少なめ150gも選ぶことができ、その場合は「煮玉子」か「温泉玉子」のトッピングが無料サービスになる。炙った地鶏2枚とチャーシュー2枚がのった、特製中華そばも好評。ワンタンメンは、麺1.5玉とワンタンが15個も入っている。京王線南平駅から徒歩3分。

【雑記】●長く通っているお気に入り店です。特に夏はつけ麺も人気ですが、自分的にやっぱりここではラーメンという感じですかね。過去の訪問時もだいたい「中華そば」か「チャーシューメン」をオーダーしています。
●ビジュアルは、、、相変わらず丼が大きくボリューミーでテンションが上がります。
●スープはいつも熱々で提供されます。クセのないやさしい煮干しに野菜やフルーツの甘味、かなりスッキリとした味わいになっています。いつも同じ感想ですが、おいしいです。
●麺が通常300g(2玉分)でボリューム十分。昔ながらの典型的な中華麺、黄色いやつですね。
●チャーシューがおいしいです。ひき肉メンマや、たっぷりめのネギもいいですね。
●おいしかったです。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 日野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする