2017年03月31日

白菜タンメン 楽観(1回目)@立川

タンギョウ

薬味

【メニュー】 タンギョウ(白菜タンメン + 揚げ餃子3個) 780円 【ランチタイムサービス】

【麺】 中細麺ストレート

【スープ】 野菜

【具】 豚肉、白菜、生姜

【前回訪問】 初訪問

【住所】 東京都立川市曙町2-23-5 第8グリーンビル2F

【お店情報】 2017年3月1日にオープン。「楽観(赤)」→「煮干しの楽観」→「白菜タンメン楽観」。

【雑記】 ●安定的な煮干しの供給が出来なくなったということで、「煮干しの楽観」から再度リニューアル、今度は「白菜タンメン」がテーマです。これほど短期間にガラリとコンセプトを変えリニューアルする店舗は珍しい気がしますね。味のコンセプトが全く違うため新店扱いとします。
●店内は「楽観(赤)」の時から変化なしです。券売機で、ランチタイムサービスの「タンギョウ」をポチっと。メインの白菜タンメンに揚げ餃子3ケのセットです。
●ビジュアルは、、、文字どおり白菜がたっぷり(250g)のっています。真ん中頂上にすりおろし生姜。
●スープは、あっさりとした塩味ですが、いわゆるタンメンっぽい塩ではなく、甘味の強いまるみのある塩という感じ。野菜(白菜)を中心とした和風出汁で、そのままでもいいですが、これに生姜を溶かしこんでいただくとベストマッチング。おいしいです。お好みで卓上の生姜酢、楽観サンバル、山椒ペッパーを加えても良さそうです。
●麺は、カタめ食感で粉っぽさがあり、時間がたってもダレない強さがあります。
●白菜がかなり熱々です。スープはそこまで熱くないんですが、白菜の熱量がすごいため、食べるのに少し苦労しました。舌火傷注意報。豚肉は5枚ほど。
●外側のカリッとした皮にジューシーな餡、揚げ餃子もGOOD。
●おいしかったです。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 立川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

博多一幸舎 ららぽーと立川立飛店(1回目)@立飛

餃子セット

【メニュー】 〈餃子セット〉ラーメン + 一口餃子5ケ + 半ライス 1000円

【麺】 極細麺ストレート

【スープ】 豚骨

【具】 チャーシュー、きくらげ、ねぎ

【前回訪問】 初訪問

【住所】 東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛店3F

【お店情報】 2015年12月10日オープン。「博多一幸舎 ららぽーと立川立飛店」。

【雑記】●先日、ららぽ立川内のフードコートで鏡花のラーメンをいただきましたが、今回は気になっていたもうひとつの店舗、博多一幸舎に訪問しました。鏡花のすぐ隣に位置、隣ですが違うタイプのラーメンですのでそこまで競合はしないかもしれませんね。
●餃子セットと麺カタで店員さんにオーダー、こちらは税込み価格となります。例のようにブザーを持たされ、それが鳴ったら取りにいくシステムです。混んでいたので待ち時間は長めでした。
●ラーメンのビジュアルはシンプルですが、店頭に無料薬味がありますのでお好みで何かしら(紅姜・高菜・ゴマなど)足してもOKです。
●骨の髄まで煮込み旨味が抽出され、適度なトロみとそれなりのクセをもった元祖泡系豚骨スープ。結構な豚骨感で、味も香りも濃厚。ですが、ギトギトしたキツさはないので思いのほか飲みやすく、おいしいです。
●博多豚骨と言えば、、、まさにこの麺。イメージどおりの細さ、啜り心地、歯切れ感、粉感。王道麺でおいしいです。麺量は少なめですが、そこはライスで補完。麺とスープ、米とスープ、最高です。
●うす大判の肩ロースチャーシューは、スープとのバランスを考え、脂身少なめ・味付けあっさりめで文句なし。木耳たっぷり。
●一口というだけあって餃子は1個1個が小さいです。ライスはそれなりに量がありました。
●おいしかったです。また違ったタイプの豚骨スープを味わうことができ満足です。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 立川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする