2016年01月14日

青樹(23回目)@立川

こってり煮干しらーめん+味玉+ライス

【メニュー】 こってり煮干しらーめん 790円 + 味玉(クーポン)+ ライス(サービス)

【麺】 中太麺ストレート

【スープ】 豚骨煮干

【具】 チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ、キャベツ

【前回訪問】 油そば

【住所】 東京都立川市高松町3-14-1

【お店情報】 2010年7月20日オープン。元々は羽村市の「いつ樹」の定休日を利用して営業していたお店。その後、ラーメン店舗集合施設「立川らーめんたま館」にて「煮干し 青樹」としての営業を経て、単独店としてオープン。豚骨、豚足、鶏ガラに3種類の煮干しをあわせたスープが特徴。「らーめん」は今風の中華そばで、煮干がしっかりきいている。中太麺使用。「つけめん」は基本は同じスープで背脂や香味油をきかせてこってり感がある。中太縮れ麺を使用。店内は入りやすくてくつろいでもらいたい、というコンセプトでお洒落に作られている。味の濃さが調整可能。ファミリーでも入りやすい。モスバーガー裏にあり。平日11:00-14:00はライス小無料。カウンター10席、テーブル約15席。JR立川駅北口から徒歩7分。

【雑記】●調べてみたら青樹でこってりをオーダーするのは2013年3月(記事)以来。記事を見直してみると、煮干はいらねーとか、キャベツは具材として向いていないとか、随分と偉そうに書いてるな、、、(苦笑)
●ビジュアルは、、、煮干が無くなってるの以外はほぼ同じだね。
●濃厚なザラ系煮干。スープを口に入れた瞬間、一気に広がる煮干、その存在感。好き嫌いがはっきり分かれてしまいそうな独特な味。大量煮干しの使用効果。おいしい。だが、煮干し好きでもここまでは求めないって人も多いかも。無料サービスの辛子高菜をのせたり、ライスに合わせてもいい感じ。
●麺はやや細め、低加水で歯切れ良し。濃厚なスープとのからみがしつこすぎず最低限におさえてくれるような、そんな麺。
●適度な脂身がある旨味GOODなチャーシュー。味玉の黄身は今回は固め。メンマは意外と量が多い。茹でキャベツでさっぱり。お口さっぱり効果を考えれば、キャベツはこのこってりスープに適した具材なのかも、と考えをあらためる。
●おいしかった。23回もブログに登場してますし、なんだかんだ言ってもいますけど、結局はこのお店が好きなんですよね(笑)

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 立川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする