2015年05月29日

中華そば ムタヒロ(4回目)@国分寺

アハハ煮干特製つけ麺

【メニュー】 アハハ煮干特製つけ麺 1000円

【麺】 太麺ややウェーブ

【スープ】 煮干醤油

【具】 チャーシュー、味玉、穂先メンマ、三つ葉、もやし、のり、背脂

【前回訪問】 ナハハ塩煮干味玉そば

【住所】 東京都国分寺市南町3-15-9

【お店情報】 2011年9月19日オープン。新宿ゴールデン街の『凪』、幡ヶ谷の『我武者羅』などの人気店で修行を積んだ店主が独立。スープは3種類の煮干しを配合。3種類の量から選べる自慢の豚の背脂は、きめ細やかで甘味があり、意外にもあっさり。優しい味わいのスープは、清湯のうま味、煮干しの独特な味、背脂の甘味が見事に調和している。看板にもあるように、赤、青、黄、緑が店のテーマカラー。国分寺駅南口より徒歩2分。

【雑記】●オープン1年目のような昼時間いつ行っても混雑ということはないようだが、相変わらずの人気ぶりで店内はほぼ満席。ムタヒログループが国分寺に数店舗でき、それも関係してるのか客足的には少し緩和されているかも。隣には串あげムタヒロがある。
●さて、店内奥にある券売機で「アハハ煮干特製つけ麺」を。ここでのつけ麺は初。麺量を200gか300gか選択できるので300gで。ラーメン類の時は脂の量とか聞かれた気がするが、今回は聞かれなかったのでつけ麺では指定できないということなのかな?
●まず、丼に盛られた麺と具材がとても多くボリューミー。自分は、つけ麺はこっち派。何がこっち派なのかと言うと、最初から具材はつけ汁に入れなくてよい派ということ。ま、そこまでこだわりがあるわけじゃないんだけどね(笑)
●スープは、煮干しをガツンときかせながらも動物系出汁や背脂で全体がマイルドになりコクのある味わいに。奥ゆきがあるスープとはまさにこのようなもののことを言うのかと。バランスが良くとてもおいしいです。こってりめの煮干が好きであれば、ドハマりする可能性が高いのでは。
●太めの麺は、もっちもちで弾力がすごく力強い。食べてて満足感がある。これもとても良い。
●どでかいチャーシューがどどんと2枚。やわらかさ、旨味抜群。ドストライクのものでうまうま。こだわりのしゃきしゃき細もやしなど他の具材も良かったが、チャーシューが旨すぎた(笑)
●接客も元気よく、ちゃんと客の目を見て挨拶を心がけているのかそれがまた気持ち良い。やっつけ挨拶(マニュアル的挨拶)とは質が違うよね。
●ラーメンの味はもちろん、接客も再訪したいと思わせる一つの要因になることを再確認させてもらった。実際また来たいと思う。大満足!

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 国分寺市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする