2015年02月12日

圓(32回目)@八王子

昔ながらのらーめん大盛り

【メニュー】 昔ながらのらーめん 大盛 850円

【麺】 中細麺ストレート

【スープ】 煮干

【具】 チャーシュー、味玉半分、メンマ、ねぎ

【前回訪問】 煮干らーめん 大盛

【住所】 東京都八王子市横山町21-21

【お店情報】 2009年5月23日、町田で「勇次」として営業していたお店が、店名・味を変え八王子でオープン。「勇次」「オードリー」と名店を立ち上げた店主の田中秀明氏が、次に選んだ素材は煮干し。手間を惜しまず、限界までクリアに仕上げる仕事ぶりには舌を巻く。丁寧に取ったダシに苦味やえぐみは一切無く、薄口醤油で上品に仕上げる。麺は「北海道および関東産と千葉産の発芽小麦」を使い、生卵をたくさん使用して打った自家製麺。煮干しのエグミになる寸前で止めた旨みとコクを味わえる。具材は、焼いたチャーシューと、ざっくりしたメンマ、ねぎ、味玉半分と、シンプルながら、過不足無い構成。素材や仕込み、時間や気候の変化まで、すべてにこだわって完成された真骨頂。1人1品の注文が必要、また子供への取り分けはひざの上で(混雑時は遠慮してくださいとのこと)。ベビーカーは不可。カウンターのみ7席。JR八王子駅北口を出てまっすぐ進み、八王子駅入り口の信号を渡り、左に進んで二つ目の路地を右に入って、一つ目の路地の角。

【雑記】●自分的に定番の「圓」。昼に混雑するのは変わっていないね。カウンター7席というのも影響しているかもしれないが。ここもメディア掲載の常連で、遠方から来る人も多いとか。今回は「昔ながらの大盛り」を。
●良いビジュアル。スープが本当においしい。煮干特有のニガミは多少あるが、それは煮干し好きには当たり前であって、醤油ダレとここまでバランスよくマッチングさせるのは相当な試行錯誤があっただろう。頭が下がる。新鮮な煮干を使用しているため生臭さは一切なくエグミもない。かなりスープが安定してきたためなのか昔は塩の大盛りは選択出来なかったが、現在は可能となっている。
●全粒粉入り中細麺の食感、喉越しの心地よさ。どちらもやりすぎていない。食べるのが遅めの人でもOKな麺の耐久性。何気ないことに見えるが、色々計算してるんだろうな、、、
●やはり前回のチャーシュー4枚はたまたま、もしくはチャーシューが1枚1枚小さめだったからかもしれない。他のブロガーさんの画像を見る限り、普通盛りはチャーシュー2枚、大盛りは3枚。形も微妙に変化してるよね。
●味玉最強説!いい感じに色が付いていて、だからといって味も濃すぎずちょうどよい。さらに、スープにひたしても黄身が溶けない絶妙なゼリー感!これは最強でしょ(笑)
●レビューが贔屓目なのはご勘弁を、、、

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 19:00 | 八王子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする