2008年01月02日

つぶやき

このページはたま〜〜〜〜に更新しております。
管理人の思うことを述べています。



●コップの洗い方、雑なラーメン店が多い問題(2017年)
水を飲むコップの洗い方があまいラーメン屋さんが多いです。
はっきり言って、スープの油分・臭いがコップに付着しており少し不快です。

私は、臭いにはものすごく敏感な方だと思います。
このちょっとしたこと?がとても気になります。

他人から見ると、それくらい気にするな、そんなことでグズグズぬかす奴はそもそもラーメン屋に来る資格が無い、などと言われそうです。特に二郎系など男くさいガッツリ系ラーメンを提供するお店を愛好する人たちに。
ですが、気になるのだから仕方ありません。

お店はの方は、このことを軽視していませんでしょうか?
丼を洗うスポンジとコップを洗うスポンジを一緒にしていませんか?
せめてスポンジは使い分けてください。

その部分で言えば、個人店よりチェーン店の方が徹底されている気がします。
これを見て改善してくれるお店があることを祈ります。

他のブロガーさんのレビューを見ても、ラーメンの味は深く追求しても、コップにまで言及していることがほとんどありません。
私みたいな感覚を持つ人がいないのではないかと不安になっちゃいますね(汗)



●行列への割り込み問題(2016年)
ある人気ラーメン店で、割り込みをする人間に遭遇しました。
外見・会話の感じからすると、50代くらいの夫婦でしょう。

私の前に最初はその女性1人で並んでいましたが、あとから男性が当然のようにその女性と列で合流しました。
「はぁ?」と心の中で思いました。
「2人揃ってから並べよ!」とさらに心の中で叫びました。

私の後ろにもたくさんの人が並んでおり、もしかしたらその人たちもこのダメダメ男女ペアにムカついていたかもしれませんね。

たとえ、たった1人であっても急に割り込んでくるというのは許されないと思います。それが行列ではなかったとしてもです。

食べる人が全員揃ってから並ぶのが最低限のマナーだと思います。
いい大人がまだこんな常識はずれなことをするんだと呆れ返ってしまいました。

皆さんはそういう経験はありますか?
また、私の言っていることがおかしいという方はいるでしょうか?



●味が落ちた問題(2016年)
「味が落ちた」とはよく言われることです。
本当に味が落ちたのかどうかは甚だ疑問です。
信用していないわけではありませんが、多くはいいかげんだと思っています。

はっきり言ってしまうと、私を含め匿名で責任の無い場所で好き勝手語るネット民より、生活を懸けてお店を経営している店主さんやその関係者さんたちの舌(味覚)の方を信じているということです。実際に名前が知れ渡っている人ほど「味が落ちた」なんて表現を軽々しく使ったりはしていませんよね。お気を悪くされた方すみません。

私は以前、アメブロでラーメン記事を書いていた時、暴言を吐きながらも核心をついたコメントをされたことがあります。
気をつけてはいたのですが、やはり私のラーメンに対する感想に不快に思った人がいたらしくて。

その内容というのが、責任をラーメン店だけに押し付けるなというものでした。
つまり、どういうことかというと、「まずい」とか「味が落ちた」と言う前にあらゆる状況を加味する必要があるということです。

★以前と比べて自分のコンディションは良いのか悪いのか、、、当たり前ですが、もし体調が悪かったりすれば味の印象なんて変わって当然です。
★食べた時期はどうか、、、夏に食べるラーメンと冬に食べるラーメンとは印象も違ってくるはずです。そして昼なのか夜なのか。
★腹ペコの場合とそうでない場合、、、これもだいぶ違ってくると思います。特にラーメンが好きな人は1日に何杯も食べることは当たり前なことですからね。その日の1杯目なのか2杯目なのか3杯目なのかということもあります。

最低限これらのことをふまえないと、それは単なる無責任な発言ということになると思います。
今やネットではあらゆることがすぐ拡散してしまい、たとえそれがなんとなく書いた感想だったり、間違った情報だとしても一旦拡散してしまうと命取りになってしまう可能性があります。
ラーメン店にとって死活問題です。

私自身もこの点を心がけた上でブログ記事を書いているつもりです。
ですが、それでも不快に思われたりする人が出てきてしまうと思います。
全員を満足させることはできません。

記事を書くのは本当に難しいです。
上の条件をふまえた上で、自分が美味しいと感じたものをまずいと書くことは絶対に無いですが、まずいと思ったものを美味しいとはさすがに書きづらいです。

その時は本当にどう表現しようか迷いますね。
あまりにも露骨に美味しくないとかまずいとか書いてしまうとそのお店に迷惑をかけるんじゃないか、それでも書いたほうがいいのか、、、
一応そういう苦悩があり記事を書いていることはご理解ください(笑)

さて、「味が落ちた」問題に戻りますが、ラーメンでは大抵「スープ」のことを言っているのだと思います。
麺の変化や具材の大きさなどは以前と比べてある程度客観的に判断できますが(画像があればなおさら)、スープの味はそうはいきません(スープに比べると具材の味は判断しやすいと思います)。
そうはいかないだけに、言いやすい対象でもあります。


「味が落ちた」と感じてしまう要因として私が考えるのは2つ。

まず一つ目。
それは単純に味に「慣れ」すぎたこと。
これが一番「味が落ちた」と錯覚してしまう(錯覚と断定はできないですが)要因かなと考えます。

1回目食べた時はとても美味しかったが、複数回食べる内にその味に「慣れ」てしまい、当然感動することもなくなります。
その結果、「あれっ!?なんか味が落ちたんじゃないか」と感じるようになっていきます。
1回目の記憶が美化されすぎてるんですよね。
提供されたものが「同じ」と仮定するなら回を重ねるごとに感動も薄くなるのが当然ですから。

面白い実験として試してほしいことがあります。
もしまわりに「味が落ちた」とか批判的なことばかりうるさく言う人がいたら聞いてみてください。
「美味しくなったお店ある?」と。
たぶん、もごもごして答えられないか、具体的な例を出せず曖昧にする人が多いと思われます。
普段からマイナスなことばかりに意識が傾いてしまっていて答えられないのです。

少なくとも私の経験ではそうでした。
いるじゃないですか、人の好みを聞いて批判はするけど、じゃあ何が好きなの?と聞きかえすと絶対に自分の好みは答えない人。もしくは、無難な答えばかり言う人。
批判だけは達者な人。


そして二つ目。
それは自分の成長(退化?)や味覚の変化。これも重要な要素だと思います。

まさに今私自身が感じていることで、昔の自分であるなら受けつけないタイプのラーメンでも今はかなり好きになっているラーメンもありますし、以前ほど食べなくなったタイプのラーメンもあります。私の場合で言うと、昔はあまり受けつけなかった「家系ラーメン」を今では好きになっていますし、さっぱり系ばかりに偏らなくなったというか。

そうです。人は味覚・好みが変わるのです。
ラーメンじゃなくてもそういう経験ありませんか?
以前より肉を食べずに魚を食べるようになったとか、野菜が好きになったとか、その逆でもいいです。

ですので、人が味を客観的に判断するのは非常に難しいことなんだと自覚することがまず大事だと思います。
謙虚さを持ちつつ、迎合しすぎず本音で書く、、、難しいですけどね(笑)

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 15:22 | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする