2016年05月27日

圓(39回目)@八王子

昔ながらのらーめん

【メニュー】 昔ながらのらーめん 780円

【麺】 中細麺ストレート

【スープ】 煮干醤油

【具】 チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ

【前回訪問】 塩らーめん

【住所】 東京都八王子市横山町21-21

【お店情報】 2009年5月23日、町田で「勇次」として営業していたお店が、店名・味を変え八王子でオープン。「勇次」「オードリー」と名店を立ち上げた店主の田中秀明氏が、次に選んだ素材は煮干し。手間を惜しまず、限界までクリアに仕上げる仕事ぶりには舌を巻く。丁寧に取ったダシに苦味やえぐみは一切無く、薄口醤油で上品に仕上げる。麺は「北海道および関東産と千葉産の発芽小麦」を使い、生卵をたくさん使用して打った自家製麺。煮干しのエグミになる寸前で止めた旨みとコクを味わえる。具材は、焼いたチャーシューと、ざっくりしたメンマ、ねぎ、味玉半分と、シンプルながら、過不足無い構成。素材や仕込み、時間や気候の変化まで、すべてにこだわって完成された真骨頂。1人1品の注文が必要、また子供への取り分けはひざの上で(混雑時は遠慮してくださいとのこと)。ベビーカーは不可。カウンターのみ7席。JR八王子駅北口を出てまっすぐ進み、八王子駅入り口の信号を渡り、左に進んで二つ目の路地を右に入って、一つ目の路地の角。

【雑記】●お気に入りのお店ですが、今月23日から7年目突入みたいですね。おめでとうございます!これからも通って応援していきたいです。
●今回は「昔ながらのらーめん」をカチッと。濃口醤油が「昔ながらのらーめん」、薄口醤油なら「煮干しらーめん」をいう分け方をしていますね。
●ビジュアルは、、、いつもどおり一体感があっておいしそうに見えて良いです。他の方のブログを見ても、ビジュアルにあまりバラつきがありませんね。
●ここのスープは本当に好みです。たまたまでしょうが、チャーシュー1枚だけ肉厚でした。麺も具材も言うことありません。
●おいしかったです。完全に安定期に入ったという感じでしょうか、、、もちろん高いレベルでの安定というお話です。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 八王子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

麺や TOSHI(1回目)@八王子

焦がし醤油らー麺

【メニュー】 焦がし醤油らー麺 600円 + ミニチャーシュー丼(ランチタイム無料)

【麺】 中細麺ちぢれ

【スープ】 醤油

【具】 チャーシュー、味玉半分、きざみ玉ねぎ、のり

【前回訪問】 初訪問

【住所】 東京都八王子市中町2-15 HKビル1・2F

【お店情報】 2014年5月オープン。

【雑記】 ●存在はオープン当初くらいから知っていましたが、初訪問店です。激狭と勝手に思い込んでいましたが、店内に入ってみると意外に広かったです。1Fはカウンター中心、2Fもあるようなのでスペースは十分ですね。
●券売機で「焦がし醤油らー麺」をポチっと。ランチタイム(〜15時まで)はライスかミニチャーシュー丼が無料で選べるということでミニチャーシュー丼も追加。
●ビジュアルは、、、きざみ玉ねぎがスープの表面を覆っているだけで八王子系に見えちゃいますね。好きなビジュアルです。
●スープは、焦がしというほど香ばしさは感じなかったものの、醤油の存在と動物系の甘味でバランスの良いスープに仕上がっています。油で膜が張られ、最後の方まで熱々でいけます。おいしいです。
●麺は、黄色くて見た目以上に弾力があります。味噌で使われそうな中細麺版という感じでしょうか。このタイプのラーメンには珍しいかと思います。
●大きめのバラチャは、少し箸を入れるとホロホロ崩れ、状態も良好でおいしいです。味玉は薄味。きざみ玉ねぎに関しては他店のデフォの倍くらいの量がある気がします、多めに入っています。
●チャーシュー丼は、チャーシュー1枚分くらいのをガスバ炙りでちぎって?香ばしさアップさせた状態で提供されます。マヨなのでチャーシュー自体に味つけされていないっぽいです。
●おいしかったです。見た目は八王子系でしたが、スープにしろ麺にしろ、それとはしっかり差別化された一杯だなと思いました。お客の入りも想像以上に良く(失礼)、少しずつ存在感を増しているお店ではないでしょうか。ランチタイムであればコスパも良くなりますしね。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 八王子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする