2016年01月22日

はやぶさ(9回目)@立川

らーめん + 味玉 + ほうれん草

【メニュー】 らーめん 700円 + 味玉 70円 + ほうれん草 50円

【麺】 中太麺ストレート

【スープ】 豚骨醤油

【具】 チャーシュー、味玉、ほうれん草、ねぎ、のり

【前回訪問】 京風お雑煮ら〜めん

【住所】 東京都立川市曙町2-16-1 立川屋台村パラダイス内

【お店情報】 2011年10月21日オープン。立川の人気店「つばさ家」の味をつくりあげた初代店長と帝国ホテル出身の料理の鬼才「BARバルフェタムール」マスターによるお店。呼び戻しの手法で豚骨だけを長時間炊き込んだスープを使った豚骨醤油味の「らーめん」が基本メニュー。味の濃さ・油の量・麺の堅さもお好みから選べる。あっさりタイプの醤油味も楽しめる。立川駅北口より徒歩3分、屋台村パラダイス内。カウンターのみ10席。

【雑記】●1ヶ月以内に同じ店舗に3回訪問するっていうのは、ブログ記事内ではここが初めてかも。限定メニューとかではだいぶお世話になり感謝しかないが、今回はレギュラーメニューである家系ラーメンを。初訪問時以来の家系。チャーシューは、バラか肩ロースを選択でき、今回は肩ロースで。さらに、味玉とほうれん草を追加。味玉70円というのは独特な価格設定。麺カタでオーダーするつもりが、ぼーっとしていたため「全部普通で」と言ってしまった、、、まあいいけど。
●じっくりと長時間煮込まれた豚骨スープは、他の家系店舗に比べると濃厚で動物くささがやや強めの印象。濃厚な出汁に負けず劣らず、強めに醤油ダレを効かせたメリハリのある味になっている。おいしい。これこそライスをオーダーしておくんだった、と後悔。
●麺はもっちり中太麺。おなじみです。
●チャーシューはニクニクしていて脂身少なめ、厚めでぎゅぎゅっとした感じだったが、旨味はちゃんと閉じ込めてあっておいしかった。しっかり仕込みがされている。味玉はほんのり甘みがついていて、割ると黄身がスープに溶け出すタイプの半熟だった。
●おいしかった。家系ラーメンの旅、一応継続中ということで。ばりき家王子家まるに家いとし家濃力家壱七家→麺屋 はやぶさ、、、次はどこか。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 22:00 | 立川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

北海道 恵比寿(12回目)@立川ラーメンスクエア

北海道味噌 大盛 + 味玉

【メニュー】 北海道味噌(大盛) 780円 + 味玉(クーポン)

【麺】 中太麺ストレート

【スープ】 味噌

【具】 チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ、もやし

【前回訪問】 北海道味噌(大盛) + 味玉

【住所】 東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア3F ラーメンスクエア

【お店情報】 2011年4月5日オープン。第6回ラーメントライアウト優勝者加藤渉氏によるお店。加藤氏はかつて北海道は旭川の人気店として名を馳せた「蔦亭」の2代目店主。北海道味噌ラーメンの製法を応用し、『焦がし』をコンセプトに掲げたメニューが楽しめる。高温に熱したラードで醤油・味噌を焦がして仕上げる2種類のラーメンが基本。麺はスープとの相性もよい中細麺を使用。「焦がし味噌・醤油」を提供していたが、2011/6/16よりメニューをリニューアル、中華鍋で具材とスープを炒めた「北海道味噌」と、「蔦亭」で提供していた醤油にアレンジを加えたどこか懐かしい「北海道ノスタルジック醤油」を提供する。

【雑記】●最近ラースクに来る機会も減り、、、ここも1年ぶりの訪問。メニューも去年と全く一緒(笑)
●味噌をオーダーすれば麺大盛りは無料となる。
●ビジュアルは、、、まあ前回とほぼ同じと言っていいね。もやしは他店の味噌より少なめだが、そのかわり薬味が無料で提供されているので、それを追加すれば具材的にはまあOKかなと。
●動物系ベースのスタンダードな味噌。しっかりとした味噌の中にふんわりと魚介も。良い意味でクセがなく安心の味。こってり過ぎずあっさり過ぎず。おいしい。でも自分が食べている味噌の中ではややあっさりめ、そう感じたのは前回と変わらず。
●加水率高めのストレート麺。ちぢれていないので味噌にしては啜りやすい。大盛りなので量は200〜250gくらい。
●具材も前回と変わらずといった感じ。チャーシューは小さいけどやわらかくて味もGOOD。うっすら味付けの玉子にメンマ、ネギと無難なラインナップ。
●おいしかった。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 18:00 | 立川ラーメンスクエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする