2015年10月30日

圓(36回目)@八王子

昔ながらのらーめん 大盛

【メニュー】 昔ながらのらーめん 780円 + 大盛り(1.5倍) 100円

【麺】 中細麺ストレート

【スープ】 煮干醤油

【具】 チャーシュー、味玉、メンマ、ねぎ

【前回訪問】 つけ麺(中250g)

【住所】 東京都八王子市横山町21-21

【お店情報】 2009年5月23日、町田で「勇次」として営業していたお店が、店名・味を変え八王子でオープン。「勇次」「オードリー」と名店を立ち上げた店主の田中秀明氏が、次に選んだ素材は煮干し。手間を惜しまず、限界までクリアに仕上げる仕事ぶりには舌を巻く。丁寧に取ったダシに苦味やえぐみは一切無く、薄口醤油で上品に仕上げる。麺は「北海道および関東産と千葉産の発芽小麦」を使い、生卵をたくさん使用して打った自家製麺。煮干しのエグミになる寸前で止めた旨みとコクを味わえる。具材は、焼いたチャーシューと、ざっくりしたメンマ、ねぎ、味玉半分と、シンプルながら、過不足無い構成。素材や仕込み、時間や気候の変化まで、すべてにこだわって完成された真骨頂。1人1品の注文が必要、また子供への取り分けはひざの上で(混雑時は遠慮してくださいとのこと)。ベビーカーは不可。カウンターのみ7席。JR八王子駅北口を出てまっすぐ進み、八王子駅入り口の信号を渡り、左に進んで二つ目の路地を右に入って、一つ目の路地の角。

【雑記】●最近は、昼時でもそこまで並ばずに食べられるようになってきたかな。
●濃い口の醤油ダレと煮干し出汁のちょうどバランスのいい組み合わせがこの「昔ながらのらーめん」。煮干し感に物足りなさを感じるなら「煮干しらーめん」や「塩らーめん」を。
●麺は普通盛りで130g、大盛りで200gとのことだが、食べてみると他店基準より多めに感じてしまうほど十分な量がある。以前は、結構いろいろ試行錯誤して変えていたこの自家製麺も最近は安定している模様。
●今回も安定していておいしかった。すでに感想は書くことがないのでこのへんで。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 八王子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

王子家(1回目)@八王子

醤油SP

王子家

【メニュー】 醤油SP 890円

【麺】 平打ち中太麺ストレート

【スープ】 豚骨醤油

【具】 チャーシュー、味玉、ほうれん草、ねぎ、のり

【前回訪問】 初訪問

【住所】 東京都八王子市中町4-12

【お店情報】 2015年9月11日オープン。

【雑記】 ●八王子に最近オープンした横浜家系ラーメンのお店。
●自分にしては珍しいが、全部入りトッピングの「醤油SP」にしてみた。麺カタ・その他普通でオーダーしたのはだいたいいつもどおり。
●このお店、まず終日ライス無料というのがいいね。ライスバーでセルフサービス。家系の店に限らずライス無料というのはランチタイムだけとかが普通なので、どの時間帯でもOKというのは特に家系ラーメンの店では評価ポイント。
●ビジュアルは、、、全部入りだけど、まあこんなもんか。チャーシューが1枚増えて、海苔は5枚ですな。
●豚骨ベースの出汁に鶏油を合わせるのはパターンとして、ここのはほんのり魚介風味もある気がしたがどうだろう?コクがあっておいしい。
●やはり、ライスがあると食べ進めやすい。ライスはパサパサだが、スープに合わせるのが前提の家系では当たり前。スープの中にそのまま入れて食べる人もいるからね。
●テーブルには家系ではお馴染みの、一味唐辛子・豆板醤・生姜・ニンニク・ラー油 ・醤油 ・酢・胡椒など一通りのアイテムがあるので味変派には安心。これらはスープに入れてもライスに合わせてもよい。
●やや太めの平打中太麺は、これも家系お馴染みで終盤までだれずにキープ。GOOD。
●具材は、一定レベルの質は確保。特にチャーシューはおいしかった。小さめながらも厚めのが2枚で旨味も引き出している。味玉は薄味。
●おいしかった。また来たいとは思うけど、いつになるかはわからない。

管理人が訪問したラーメン店一覧

posted by めんたま at 23:00 | 八王子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする